スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# 『 邂逅の森 』


                  DSCF7134_20151220230310a19.jpg


                邂逅とう言う言葉はこの本を知るまで知らなかった
                思いがけなく出あうこと 偶然の出あい めぐりあいなど・・だそう
                  
                野性的でエネルギッシュ
スポンサーサイト

『 山怪 』


             DSCF7374.jpg


                        そういえば師走
                        今年は暖かくてうれしい

                        11月から美味しいものばかり食べまくり
                        痛風とか気をつけなくちゃだわ
                        
             DSCF7372.jpg


                        色々美味しいお店に連れて行ってもらい
                        お返しにと自分の好きなお店を
                        教える
                        山にあるお店ばかり
                   
                        山に別荘があったらいいな
                       

            DSCF7380.jpg


                        最近読んだ本
                        『 山怪 』 田中康弘著
                         面白いです!好きです!・・・でも万人受けする本じゃないかも
                        『 忘れられた日本人 』宮本常市著
                         やさしい眼差し・・日本はこんな時代もあったのに
                         現代はギュウギュウのクソみたいな縛りばかり
                        『 邂逅の森 』熊谷達也著 まだ途中
                         あと10歳若かったらマタギになりたかった
                         でもなれなかっただろうな・・昔から甘いもの自分



                         



+ Read More

『 鳥と雲と薬草袋 』




               DSCF7124.jpg


                   梨木果歩さんの『鳥と雲と薬草袋』を読みました
                   小説かと思いきやエッセイで
                   タイトルで選んだのでほんの少しがっかりしたのですが
                   いやいやこの方は裏切らない
                   とても素敵な本でした
                   

               DSCF7127.jpg


                    某指令により2年ぶりにこの里山へ
                    以前行った村のお隣
                    またまた不思議な谷合の数件が住む集落
                    雨上がりの夕方
                    初めて 恐る恐る足を踏み入れたけれど
                    濡れた竹林に落ちかけた夕日が静かに光って
                    幻想的でした (写真は翌日の日中)
                    

               DSCF7118.jpg


                    2年前に行ったお隣の村では
                    『平家の落人の隠れ里だったって話を聞いたことあるよ』 
                    と真偽のほどは定かではない話を聞いた
                    本当にそんな感じもする場所で
                    どういう由来で住み始めたのだろう
                    名前の由来は・・
                    先日行った白山麓の白峰村も、ここは??
                    などずっと考えたり調べたりしていた時に

                    『鳥と雲と薬草袋』も土地や峠、島の名前など
                    著者の想い出の場所の地名にまつわるエッセイだったので
                    ちょっとおどろき
                    
                    良い本と良いタイミングで出逢えたなと感慨深くおもう
                    
                    
               DSCF7137.jpg


                    この村で探し物をしていたら
                    目の前に野生のキツネがいた
                    ルナかと思いビックリした
                    少し痩せていて足を引き摺っていた
                    こちらをじっと見ていたので
                    『車からおにぎりを持ってくるから待ってて!』と言うと
                    だまってみていたので慌てて車を停めていた場所に行ったが
                    途中アクシデントもありキツネの元へは少し時間がかかった
                    でも
                    戻ったときキツネはまだその場所にいて
                    こちらを見ていた
                    おにぎりを持って近寄ると近くの廃屋に逃げてしまったので
                    数メートル離れた葉っぱの上におにぎりを置いて
                    帰った

                    翌日おにぎりはなくて
                    猫缶を置いて帰ったけれど(空き缶はとりに・・)
                    
                    神聖に感じるこの場所は 他所の人間が踏み入ることを
                    拒んでいるようにも感じ
                    行ってはいけない場所のような気配がする

                    帰り道コンビニで犬用のジャーキーを買った
                    また行くよ
                    だってルナかもしれない


                 著書の中で

               『 ・・・生きることはその人だけの山脈を征くことに似ている
                 思いもかけない谷戸や隈に入り込み、原や鼻に入り込み
                 様々な坂を越えつつ、けれどあるとき決定的な峠を
                 越えると、これまでとは全く違う世界が待っている。
                 あぁ、ここでゆっくりできる、と思っていても、
                 しばらくすると実はもう既に次の峠に
                 差し掛かっていることが分かる。 ・・・・・・・      』

                    の件も最近よくそうおもいます。。  うん うん。








『ジュラシックワールド』 とかいろいろダラダラ戯言



          新規_1_DSCF5672


            先日映画『ジュラシックワールド』を観に行きました
            恐竜がバクーっと食ってしまう感じが気持ちよく
            すっきり楽しめました (ストレス過多なのかしらねー?)

            それより昨日TVで観た1996年のカナダの映画『グース』が良かった
            ずいぶん前に『いいよ』と聞いたまま見逃していて
            10年以上経ってからたまたま観ることができたけど
            もう少し前にみておけばもっと飛べていたかも・・・笑 ??
            本当に素敵な映画でした
            ラストの美しい風景が梨木果歩さん著の『渡りの足跡』の装丁と
            重なり、読みたいと思いつつ未読なこと思いだしました
            この夏 梨木果歩さんの『丹生都比売』は読みました
            短編集ですがどれも清々しく少し胸を打ちました、、好きです
            『渡りの足跡』も早く読みたいですよ
            
          


          新規_1_DSCF5651


            熱い夏・・・とうとうダウンしてしまい
            仕事を休んでしまった、、
            頭が痛くしんどい時はもうダメかも・・大変な病気かも!などなど
            弱気になっていたけれど
            一日ゆっくり休むと翌日はケロリと元気になった よかった
            
          

          新規_1_DSCF5625


               
            今年の夏は本当にトマトがたくさん実ってくれた
            毎日どっさり収穫できて
            周囲に押し付けまくり
            美味しいと喜んでもらえてよかった
            ゴーヤは苦いと不評
            野菜やお米や手作りデザートも持ち寄って
            みんなで作って食べたり
            そんなこんなの楽しい夏野菜まつりもほぼ終了
            自給率の高い夏でした


           新規_1_DSCF5645


            たまに見る”日曜美術館(NHK)”で8月9日は画家の山口晃さん
            の特集でした。(再放送)
            恥ずかしながらこの方のことは全く存じ上げませんでしたが
            ひゃ~天才っているのですね。
            放送後に図書館で山口さんの著書”すずしろ日記”と”ヘンな日本美術史”を
            借りましたが面白すぎるし
            性格もよく幸せそう・・・・ずるい。
            
            

          新規_1_DSCF5669


            写真は少し前のもので
            今は稲刈りもはじまっています
            夜には虫の声も聴こえ肌寒いときも・・

            長いようであっとゆーまの夏
            こんな風に人生も過ぎていきそうで
            一日一日を大切に生きなくてはと思ったりもチラッと
            するけれど・・・
            昨夜TVで(TVばっかりみてる)ターシャテユーダーの
            特集をしていて
            やっぱり庭に球根も植えなくちゃなとか
            素晴らしい絵画を見ると絵を描きたいとか
            美しい写真をみると写真もちゃんと勉強してみたいとか
            針ももちたい、糸も紡ぎたい
            あれこれ勉強もしたいとそうこう思いながら
            生きていくための労働に追われ
            疲れて何もできないまま
            老人になりそうな気配
            愚かだな

            まずは
            先日購入した登山用のタイツを使わないと。   ばかー
           







+ Read More

満願・サファイア・ウディアレン



新規_1_SDIM0506


本を読みました
『満願』米澤穂信著
短編で読みやすくサクサク読めました



新規_1_SDIM0534


『サファイア』湊かなえ著
暇な時サラッと読めるのが最近のポイントで
やはり短編は読みやすい
湊かなえさんってもっとドロドロしたイメージでしたが
最後の2編サファイア・ガーネットが良かった
宝石のようにキラキラした恋愛
ひさしぶりにときめく・・・

動悸・息切れではないドキドキはいいね



新規_1_SDIM0513



TVでやっていたウディアレンの映画 『アニー・ホール』
屈折してるし決してイケメンの類ではないし神経症っぽいし
鬱陶しいのにとても魅力的なウディアレン
ダイアンキートンもとても素敵
日本の閉鎖的な田舎で堅苦しく平均内でいようとしてるのが
ふとアホらしくなってしまった



いやいや
このまま淡々と地味になんとか




7月オボエガキ


新規_1_SDIM0263



最近読んだ本
 * 高橋源一郎 『僕らの民主主義なんだぜ』
読みやすくて共感できる部分多し 難しい箇所はぶっとばし 好きだなこの方


新規_1_SDIM0308


 *養老孟司 『文系の壁』
  4名の理系の方々との対話
  森博嗣さん・・もう一度ゆっくり読み直したい
  藤井直敬さん・・あんまり好きじゃない
  鈴木健さん・・若く優秀な方、、未来を担う方のような
  須田桃子さん・・STAP細胞のこと・・う~ん




新規_1_SDIM0292


*弘兼 憲史 『50歳からの「死に方」 ~残り30年の生き方』
 隠れ島耕作ファン?の私(会長にまでなっちゃって、、、)
 タイトルに魅かれ購入
 これはエリートサラリーマン向けの本でした・・関係なかったよ


新規_1_SDIM0215


*パウロ・コエーリョ『ベロニカは死ぬことにした』
 時間つぶしに図書室から薄めの本でさくっと読めそうだったので借りたけれど
 う~ん強烈でした、、よく紹介されてるけどいい本なのかな???
 若い人向けなのかもしれません。



 *丸山 宗利 『昆虫はすごい』
  最高です♪
  素晴らしく面白いです!昆虫はすごい!!!!















オボエガキ




新規_1_DSCF5316



     先月、映画を2本観ました
     『チャッピー』と『マッドマックス・怒りのデスロード』
     チャッピーは第9地区の監督ニール・ブロンカンプの作品だったので
     期待していきgood!
     荒廃し錆びた倉庫のストリートギャングたちとチャッピー
     エリート研究者との展開が良かった!
     この監督好きだなぁ
          
          


新規_1_DSCF5328




      『マッドマックス・怒りのデスロード』は・・・
      半ば付き合いで恐る恐る行きましたが
      まさか3Dだったとは、、、
      あまり心臓も強くなく
      どちらかというと穏やかにフェードアウトしていきたい
      と思いが募りつつあるお年頃

      強烈でした
      10年前に観たとしたら最高だったと思います(5年でもイケたかも)


      干拓地にレンコンの花が咲き始めました
      
           

+ Read More

# 『 昆虫はすごい 』




                      SDIM0063_201505091200509b0.jpg





                      SDIM0061.jpg





                      SDIM0054_20150509120046092.jpg





                      SDIM0058_201505091200489c9.jpg





                             

『 アメリカンスナイパー 』 





                         新規_1_DSCF1372



                           『 しれっとやっちまった 』 後
                           若干問題となり少々傷跡がのこる



                         新規_1_DSCF1382



                            やり方がまずかった
                            どんな相手でも傷つけるような言葉はいけない
                            以前よりは改善されたとは思うけど
                            怒りが膨らむともののけ姫にでてくるタタリガミのようになってしまう



                         新規_1_DSCF1360



                             悪者探しは気持ちいいものじゃない
                             建設的に話は進めていきたい
                             スキルの足りない自分に気が付き
                             黙ってしまう


                         新規_1_DSCF1353



                            迷っていたとき
                            尊敬するY女史がそっと映画のチケットを
                            くださった
                            涙が出そうになるのをこらえて
                            淡々とうごいて
                              

                         新規_1_DSCF1327



                            到底真似などできないけれど
                            そんな人になれたらとおもう
  

                         新規_1_DSCF1333


                            何を観ようか迷ったけれど
                            流れで『アメリカンスナイパー』を観に行ってしまった・・・
                            一番苦手な戦争もの
                            だけど大好きなクリントイーストウッドが監督の作品


                          新規_1_DSCF1371



                            辛く痛々しく苦しい映画でした
                            だけどしっかり目を見開いて見なくてはいけない現実
                            現実はこの映画の何百倍も凄惨なのでしょう
                            本当にクソなのだ
                            戦争とは争うことはこんなに愚かなことなのだと
                            84歳のクリントイーストウッドは伝えたかったのでしょうか

                            皮肉なlegend


                            久しぶりにXーE1を持って干拓地から海へ
                            72候では草木萠動(そうもくめばえいずる)
                            日も長くなって
                            庭にフキノトウがでていました春が近づいてきました



                 

『 ナマケモノのいる森で 』




                        新規_1_IMG_1964



                              以前お店で見つけた絵本
                              タイトルに親近感をおぼえ
                              中を開いてみると
                              とても素敵な飛び出す絵本でした


                        新規_1_IMG_1969



                              欲しいなぁと思ったけれど
                              お値段もケッコウいいお値段で
                              その時は荷物もあったのであきらめていたのですが



                       新規_1_IMG_1970



                              カードのたまっていたポイントでもらうことに
                              


                        新規_1_IMG_1971


                             
                               昨日 家にきてくれました♪

                          

                       新規_1_IMG_1974




                               さて・・・ナマケモノの運命は??







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。